“ケニアの育毛剤、育毛シャンプー、メイクアップ、育毛ビタミン、育毛補助食品のレビュー、犬の育毛シャンプー、”

育毛剤のうち、医学的に確かな育毛効果が認められているのは「ミノキシジル」という成分を含むもののみです。ミノキシジルは、AGAの診療ガイドラインで「AGAの治療薬」として使用が推奨されている医薬品で、日本で製造販売されているのは今のところ大正製薬の「リアップ」シリーズのみです。治療薬と言っても、薬局などで市販されている一般用医薬品なので、薄毛に悩んでいる人は、一度購入して試してみてはいかがでしょうか。リアップは、一般用医薬品の中でも「第1類医薬品」に属しており、購入の際には必ず薬剤師から薬の説明があるので、その際に不安や疑問を直接聞くことが出来ます。リアップの効果は使用を開始してすぐに現れるものではありません。少なくとも半年ほどは、毎日継続して使用してみましょう。

どの治療も有効ではありますが、それぞれ単独では完璧ではありません。 進行した薄毛には自毛植毛が必要な場合もありますが、自毛植毛をしても薬によるAGA治療は欠かせません。 つまり薄毛の状態に応じて3種類の治療の組み合わせを一人ひとりに適した治療の選択が重要なのです。 治療の結果が出た後は、様子を見ながらAGA治療薬の量を減らしたり、治療の頻度を減らしたり、患者様ご自身の意思で決めて頂けますので、 金額的な負担を少なくしていく事が可能です。AGA治療には、永続した薬の服用が必要になりますが、AGA薄毛治療の総合クリニックだからこそ、 様々な選択肢がありご自身で選択できるのです。

スピロノラクトンは、女性ホルモン作用を持つ物質であるため、男性ホルモンを抑制する働きがあります。スピロノラクトンは、悪玉男性ホルモンと呼ばれるDHT(dihydrotestosterone)の生成そのものを阻害するのではなく、DHTが毛包にあるレセプター(受容体)に付着して作用するのを妨ぎます。また、毛包の萎縮を起こすことなくヘアサイクルを改善し、正常なサイズまで毛髪を成長させて太くコシのある毛髪を作ることが可能です。

私はもともと髪の毛が薄く悩んでいました。色々なシャンプーを試してはも効果を実感できなく合わなかったのかなぁと虚しい気持ちになるばかりでした。どうやって髪の量を増やすか悪戦苦闘していましたが私の友人が行っている美容クリニックに発毛専門の先生がいるらしいと聞きき、さっそく紹介してもらうことに決めました。そこでリバースという薬を詳しく教えてもらい、この薬なら効果が表れそうだと思い購入してみることにしました。使いはじめに比べると髪の毛の量が増え地肌も見えにくくなりました。先日久しぶりに美容院に行ったのですが、自分のしたい髪型にできたので嬉しさで胸がいっぱいです!

薄毛や抜け毛でお悩みの方に頭皮を目覚めさせる、頭皮を洗い、頭皮を活性化するという新発想から生まれた画期的な新発想シャンプー。楽天のヘアケア部門ランキングで総合1位の人気と確かな実績あり。頭皮を洗浄し、保湿、栄養補給、血行促進を追求、かつ洗浄剤は植物由来なので、頭皮や髪を傷めることもありません。頭皮を目覚めさせる!をコンセプトに、「洗浄」「保湿」「栄養補給」「血行促進」の4つのポイントを掲げ、3年もの研究成果の結果、誕生した商品です。

花王の生物科学研究所は、AGAの男性197人を対象に30週間「t-フラバノン」を使用してもらって育毛効果を調べる研究を行い、t‐フラバノンを使用すると髪の毛が太くなる傾向が認められたという結果を論文報告をしています。さらに8人に6カ月間使用してもらった研究では、洗髪時の抜け毛が減少したという結果も出ています。現在、t-フラバノン配合の育毛剤は、花王から「医薬部外品」として「サクセス バイタルチャージ」「セグレタ 育毛エッセンス」などの商品名で販売されています。

原材料名:ビール酵母、ミレットエキス粉末、デキストリン、亜鉛含有酵母、ツバキ種子抽出物、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、ケラチン加水分解物、植物醗酵エキス、酵母(ビオチン含有)、クロム含有酵母、セレン含有酵母、粉末油脂、銅含有酵母、黒梅エキス末、ヒアルロン酸ナトリウム、ヒハツ抽出物、プルラン、シスチン、タウリン、メチオニン、V.C、V.B12、貝カルシウム、V.B6、フラボノイド色素、葉酸  非常に多くの成分が含まれていますが、無添加で安心です。

一般用医薬品と医薬部外品の、どちらにも指定されていない育毛剤も国内で販売されています。こうした育毛剤は、薬事法によると「化粧品」に該当します。化粧品とは、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は、皮膚もしくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされているもの」で、体への作用が緩やかなものを言います。つまり、医薬品にも医薬部外品にも指定されていない育毛剤は、髪の毛の健康を目的としている化粧品なのです。育毛効果を期待するというよりは、あくまで「美容目的」で使用すると考えるのが無難でしょう。

ミノキシジルは降圧剤として開発されており、血管の拡張による毛根への栄養供給が育毛の作用とされてきましたが、他の抑圧剤ではミノキシジルのように育毛効果は得られません。ミノキシジルの育毛効果は血管拡張以外にあります。ミノキシジル溶媒を脱毛症を発症したベニガオサルに塗ると、毛髪サイクルの休止期を終了させ成長期に以降させる効果が認められております。また、ミノキシジルは成長期を延長する効果も得られるという実験結果が得られております。臨床データでは、塗布タイプのミノキシジルは主に頭頂部に効果があると報告されていますが、ミノキシジル内服薬は特に、こめかみや前頂分(毛の生え際)にも効果があります。

ドラッグストアなどのシャンプーを販売するコーナーには、さまざまな種類の育毛シャンプーが陳列されているのを見かけます。育毛シャンプーの広告には、シャンプーを使用することで育毛効果があると書かれているものもあります。毎日育毛シャンプーを使用することで薄毛が治るのであれば、そんなに簡単で喜ばしいことはありません。しかし、研究によって医学的に育毛効果が実証されている育毛シャンプーは、今のところないのです。したがって育毛シャンプーは、あくまでも髪の毛や頭皮の健康を保つための補助をする役割で使用する、くらいに考えた方が良いでしょう。

育毛剤を使用するとともに、生活リズムを整えて髪の毛や頭皮の健康を保つことも重要です。髪の毛の細胞には、頭皮の毛細血管を通る血液を介して成長に必要な栄養や酸素が運ばれてきます。そのため、不規則な生活習慣によって血行不良になると、髪の毛は栄養不足・酸素不足になります。髪の毛の成長のためには、生活リズムを整えることにより血流を改善して必要な栄養と酸素が髪の細胞に十分に届けられるようにすることが大切です。

最近では、美容皮膚科や整形外科の特化型のようなものですが、AGA専門で治療を行っている病院も増えてきました。有名なところだと、AGAスキンクリニックはCMなどで目にする機会も多いのではないでしょうか。AGA治療専門クリニックであれば、投薬治療を例にしても詳細なAGA検査をもとに、プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬に加えて、患者に合った複数の治療薬や育毛剤、栄養剤も併用して処方してくれます。

 薄毛に関しては古くから様々な研究がされ、その治療法や対策が考えられてきたので、様々な知見があります。今ではAGA(FAGA)や薄毛専門のクリニックもあり、病院で治療することも一般的になってきました。前述したような生活習慣が影響して薄毛になっている可能性もありますが、なかなか素人では判断できず間違った判断をしてしまうかもしれません。早期に発見して対策することは重要なため、医師に相談するようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *