“毛髪成長促進剤、毛髪成長シャンプー禿頭、育毛下育毛剤、毛髪成長オイル、シャンプー、毛髪成長促進剤、”

また毛髪中のほとんどのセラミドはこのスフィンゴミエリンが作り出すセラミド2とセラミド5から成り立っています。プロピアで取り扱うスフィンゴミエリンは肌への優しさにこだわり、天然のミルクを原料としています。その上「126  非常に多くの成分が含まれていますが、無添加で安心です。

私たち人間の体をつくる成分のうち、カルシウム、リン、ナトリウム、鉄、亜鉛、銅などの元素は、総称してミネラルと呼ばれています。皮膚や体の細胞を形成・維持するのに必要な必須ミネラルの欠乏、逆に有害ミネラルの蓄積が、様々なトラブル(不眠、冷え性、抜け毛、肌荒れ、倦怠感など)を引き起こす原因となります。当院でもお受けになれる「毛髪ミネラル検査」は、わずか0.2gの毛髪から体内の必須ミネラルの状態や有害ミネラルの蓄積度を知ることができるため、抜け毛や脱毛の原因を知るための最新検査ツールとしても注目されています。検査結果から、偏った食生活等で不足した栄養素や、毛髪内の有害金属の含有量や蓄積などを確認することができるため、有害なミネラルを解毒したり、各種サプリメントや点滴で栄養素の補給を行うことができます。抜け毛や脱毛を防ぎ、健やかな髪をつくるためにも大切な診断です。

 タバコは体にとても大きなストレスをかけるために、薄毛や抜け毛の原因になってしまうことが考えられます。タバコを吸うことで、ニコチンやタール、一酸化炭素といった有害物質が体に入ってしまいます。それから細胞を守るために、体内に活性酸素が多く生じることで負担がかかります。またニコチンやタールは末梢の血管を収縮させてしまうことで血液循環を悪くします。これによって毛根に髪の成長に必要な栄養素が届かなくなってしまう危険性もあります。  薄毛のみならずタバコは様々な悪影響があるために、とくに生え際の後退が気になる方は控えた方がいいかもしれません。

育毛剤を使用するとともに、生活リズムを整えて髪の毛や頭皮の健康を保つことも重要です。髪の毛の細胞には、頭皮の毛細血管を通る血液を介して成長に必要な栄養や酸素が運ばれてきます。そのため、不規則な生活習慣によって血行不良になると、髪の毛は栄養不足・酸素不足になります。髪の毛の成長のためには、生活リズムを整えることにより血流を改善して必要な栄養と酸素が髪の細胞に十分に届けられるようにすることが大切です。

具体的には今あるご自身の後頭部の頭髪を採取し、薄くなった部分へ植毛する医療技術が自毛植毛です。後頭部の頭髪は、女性の薄毛までも誘発する男性ホルモンの影響を受けにくいよう遺伝子的にプログラムされており、ほぼ生涯に渡って生え続ける性質を持っています。そのため植毛された頭髪は、身体の他の部位(髪の毛、眉毛など)でも元の性質が変化することはなく、植え替えられた部位で生涯にわたって生え続けます。この頭髪の特徴を薄毛治療に利用したのが自毛植毛です。この部位の毛髪を、毛根を痛めないようにしながら採取・株分けして移植することでナチュラルな増毛を実現する方法で、植毛後の髪の毛が生涯、自ら伸び続けてくれることが最も大きなメリットと言えます。保険適用外の手術のため施術料金は高額になってしまいますが、一度施術すればメンテナンスもいらずアフターケアなどのランニングコストもかかりません。長い目で見ると最もリーズナブルな毛髪治療法であり、増毛効果が実感できます。ただし、自毛を活用するため移植量には限界があり、効率的に行う必要から医師の技量が問われる施術でもあります。当院では毛髪の最小単位でもある毛包単位で株分け植毛(FUT)を行う事によって、植毛後の髪の濃さと自然な仕上がりを最高レベルで実現します。

花王の生物科学研究所は、AGAの男性197人を対象に30週間「t-フラバノン」を使用してもらって育毛効果を調べる研究を行い、t‐フラバノンを使用すると髪の毛が太くなる傾向が認められたという結果を論文報告をしています。さらに8人に6カ月間使用してもらった研究では、洗髪時の抜け毛が減少したという結果も出ています。現在、t-フラバノン配合の育毛剤は、花王から「医薬部外品」として「サクセス バイタルチャージ」「セグレタ 育毛エッセンス」などの商品名で販売されています。

私はもともと髪の毛が薄く悩んでいました。色々なシャンプーを試してはも効果を実感できなく合わなかったのかなぁと虚しい気持ちになるばかりでした。どうやって髪の量を増やすか悪戦苦闘していましたが私の友人が行っている美容クリニックに発毛専門の先生がいるらしいと聞きき、さっそく紹介してもらうことに決めました。そこでリバースという薬を詳しく教えてもらい、この薬なら効果が表れそうだと思い購入してみることにしました。使いはじめに比べると髪の毛の量が増え地肌も見えにくくなりました。先日久しぶりに美容院に行ったのですが、自分のしたい髪型にできたので嬉しさで胸がいっぱいです!

頭髪の脱毛症において、まずその脱毛症がAGA(男性型脱毛症)か否かをAGAチェック検査によって行います。AGAであればその作用機序が判明しているため有効な薬剤、プロペシア(フェイナステライド)を使用する事ができます。この場合はプロペシアを主軸とした治療計画を立てていきます。AGA陰性、そして女性の方の場合はプロペシアはAGAでなければ使用できませんので、頭皮の血行を促進するミノキシジルと成長因子を頭皮へ直接打ち込む治療を主体として行っていきます。

アンジュリンは、王子製紙グループが10年の歳月をかけて開発したユーカリ配合の女性用育毛剤です。育毛効果で名高いユーカリを、ユーカリ研究のパイオニア的存在である王子製紙グループが採用し配合。さらに、『パンテノール』や『酢酸トコフェロール』『センブリ抽出リキッド』などを配合し、女性特有の薄毛に効果を発揮します。商品に満足できない場合は60日間の全額返金保証がありますので、どなたでも安心してお試しいただけます。

育毛剤のうち、医学的に確かな育毛効果が認められているのは「ミノキシジル」という成分を含むもののみです。ミノキシジルは、AGAの診療ガイドラインで「AGAの治療薬」として使用が推奨されている医薬品で、日本で製造販売されているのは今のところ大正製薬の「リアップ」シリーズのみです。治療薬と言っても、薬局などで市販されている一般用医薬品なので、薄毛に悩んでいる人は、一度購入して試してみてはいかがでしょうか。リアップは、一般用医薬品の中でも「第1類医薬品」に属しており、購入の際には必ず薬剤師から薬の説明があるので、その際に不安や疑問を直接聞くことが出来ます。リアップの効果は使用を開始してすぐに現れるものではありません。少なくとも半年ほどは、毎日継続して使用してみましょう。

資生堂リサーチセンターを中心とした研究グループは、AGAの男性52人にアデノシン配合ローションを、50人にニコチン酸アミド配合ローションを1日2回ずつ継続して使用してもらい、育毛効果を比較して論文報告をしました。(ニコチン酸アミドは、以前から医薬部外品として育毛剤の有効成分とされてきたものです。)結果、アデノシンでは80%以上の人に軽度以上の改善が認められたのに対し、ニコチン酸アミドで改善が認められたのは32%でした。アデノシン配合ローションは、女性に対して使用した場合でも、育毛に効果的であると示されています。現在、アデノシン配合の育毛剤には、資生堂から「アデノバイタル スカルプエッセンス」「アデノゲンEX」などの商品名で販売されています。

ひとくちに薄毛・抜け毛と言っても、その症状や原因は様々です。また患者様の体質や生活習慣も異なります。当院では、徹底した検査と診断、時間をたっぷりとるカウンセリングから導き出したお一人おひとりに最適な治療メニューとオリジナルの処方をご提案いたします。処方は、患者様の状態に応じてきめ細かいレベル設定をご用意しており、副作用がなく効果的な治療をオーダーメイドできます。さらに、生活習慣の改善や日々のセルフヘアケアを見直していただくためのアドバイスも重要だと考えています。

不飽和脂肪酸とは、身体にとってなくてはならない必須脂肪酸です。これは不足してくると、頭皮の成長が止まったり、皮膚障害を起こすおそれがあり、頭皮環境においては、薄毛、抜け毛の原因となると言われています。不飽和脂肪酸は善玉の脂肪で、皮膚組織に栄養を与える重要な役割を持ちます。アルガンオイルには不飽和脂肪酸が多量に含まれているのと同時に、頭皮の血流を活発にするために必要な毛細血管部分へのビタミンEの補給を実現できるため、頭皮環境に栄養と血流を同時に活性化させ育毛・発毛を促進します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *