“育毛剤、育毛剤、脱毛症、育毛剤、育毛剤、育毛剤、育毛剤、”

アフターケアの必要なその他の手段に比べて、自毛植毛は手間、コスト、安全性において魅力的ですが、リスクがないわけではありません。「ショックロス」という移植の負担による一時的な脱毛が起こる事があります。一時的に術前より髪が減るかもしれないというリスクを承知した上で行います。また、残っている毛組織が一定量以上必要です。費用は大きさによっては百万円以上になりますが、各条件さえクリアすれば、最も希望に近い最終手段となり得ます。

ミノキシジルには血管を広げる作用があるため、もともとは「高血圧を治療するための内服薬」として開発されましたが、服用している人の中に「髪の毛が増える」という副作用が現れたのをきっかけとして、「発毛剤・育毛剤」としての開発が始まりました。その後、ミノキシジルには「髪の毛の成長因子の産生を促進する作用」「髪の毛の周辺組織の血流を改善する作用」「 髪の毛の基となる細胞の減少を抑制する」などがあると判明し、今ではAGAの症状を改善する外用薬の成分として使用されています。

プロテインとは、タンパク質のこと。髪の主成分はケラチンというプロテイン(タンパク質)で形成されていてこのプロテインは体内に貯めておくことができません。毎日のシャンプーなどで、傷んだキューティクルからは、髪の主成分であるプロテインが日々流れ出してしまうのです。これがハリ・ツヤ・コシを失わせるダメージケアの原因、そして頭皮の活性も弱める原因となっているのです。そこで、プロピアは髪の主成分プロテインをシャンプーに配合することにより、髪に近い成分で洗い、栄養成分を補給すれば、髪と頭皮に優しく、修復機能や高保湿、活性化や弾力強化などの効果が、よりダイレクトに届くのではないか、という発想から、プロテインシャンプーを開発するに至ったのです。

薄毛・抜け毛の対策、皆さんどのように行っていますか?普段の食生活や睡眠時間を見直したり、適度な運動をして体質改善に努めたり、育毛剤を使ったりと様々な対策を行っていることでしょう。そしてシャンプーも有効的な薄毛対策準備の手段です。でも、一体どんな物がいいのかどんな物が自分に合っているのかわかりませんよね。今回はそんな方のために男女別に薄毛対策準備におすすめなシャンプー3種を一挙にご紹介しちゃいます。

資生堂リサーチセンターを中心とした研究グループは、AGAの男性52人にアデノシン配合ローションを、50人にニコチン酸アミド配合ローションを1日2回ずつ継続して使用してもらい、育毛効果を比較して論文報告をしました。(ニコチン酸アミドは、以前から医薬部外品として育毛剤の有効成分とされてきたものです。)結果、アデノシンでは80%以上の人に軽度以上の改善が認められたのに対し、ニコチン酸アミドで改善が認められたのは32%でした。アデノシン配合ローションは、女性に対して使用した場合でも、育毛に効果的であると示されています。現在、アデノシン配合の育毛剤には、資生堂から「アデノバイタル スカルプエッセンス」「アデノゲンEX」などの商品名で販売されています。

ミノキシジルは降圧剤として開発されており、血管の拡張による毛根への栄養供給が育毛の作用とされてきましたが、他の抑圧剤ではミノキシジルのように育毛効果は得られません。ミノキシジルの育毛効果は血管拡張以外にあります。ミノキシジル溶媒を脱毛症を発症したベニガオサルに塗ると、毛髪サイクルの休止期を終了させ成長期に以降させる効果が認められております。また、ミノキシジルは成長期を延長する効果も得られるという実験結果が得られております。臨床データでは、塗布タイプのミノキシジルは主に頭頂部に効果があると報告されていますが、ミノキシジル内服薬は特に、こめかみや前頂分(毛の生え際)にも効果があります。

Oura H, Iino M, Nakazawa Y, et al : Adenosine increases anangen hair growth and thick hairs in Japanese women with female pattern hair loss : A pilot, double-bind, randomized, placebo controlled trial. J Dermatol, 35 : 763―767, 2008.

原材料名:ビール酵母、ミレットエキス粉末、デキストリン、亜鉛含有酵母、ツバキ種子抽出物、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、ケラチン加水分解物、植物醗酵エキス、酵母(ビオチン含有)、クロム含有酵母、セレン含有酵母、粉末油脂、銅含有酵母、黒梅エキス末、ヒアルロン酸ナトリウム、ヒハツ抽出物、プルラン、シスチン、タウリン、メチオニン、V.C、V.B12、貝カルシウム、V.B6、フラボノイド色素、葉酸  非常に多くの成分が含まれていますが、無添加で安心です。

運動は全身の血流改善に効果的です。普段、運動をする習慣がない人は、「ストレッチ」などの簡単な運動も、血流改善に効果的であるとされています。ストレッチにより全身の筋肉を順番に30分以上かけて伸ばしていくことで、興奮を司る「交感神経」の活動を弱めて、反対にリラックス効果のある「副交感神経」の活動を高める効果があることが明らかになっています。副交感神経には、血管を拡げる働きもあるため、血流改善効果につながります。頭皮を直接マッサージすることも、固まっていた筋肉をほぐし血流改善につながるとされています。ストレッチやマッサージは、気分転換にもなりますし、疲れた時に行ってみると良いでしょう。

「薬用スカルプD」は、23万を超える臨床データをもとに頭皮専門機関と共同で研究開発した、進化を続ける薬用シャンプー。全国5ヵ所にある「頭髪専門機関」のオリジナル処方シャンプーの開発からスタートし、導き出した答えは、「頭皮の違いが効果の違い」という結論に。つまり、「薬用スカルプD」は「髪の汚れを落とすこと」に意識を置くことではなく「頭皮や毛穴の汚れを落とすこと」に重点を置いて開発した商品。「薬用スカルプD」では、脂性肌用と乾燥肌用の2つのタイプを用意。「頭皮のタイプで選ぶ」薬用頭皮ケアシリーズ。3年連続男性シャンプーシェア第1位、楽天年間ランキング第1位、メンズクラブコスメ選挙第1位と圧倒的な人気を誇る。男性特有の肌質(脂性肌)に対応した薬用スカルプシャンプー。皮脂を落とすのはもちろん、頭皮環境を整えてフケ・かゆみ、汗臭も抑える。

薄毛や抜け毛でお悩みの方に頭皮を目覚めさせる、頭皮を洗い、頭皮を活性化するという新発想から生まれた画期的な新発想シャンプー。楽天のヘアケア部門ランキングで総合1位の人気と確かな実績あり。頭皮を洗浄し、保湿、栄養補給、血行促進を追求、かつ洗浄剤は植物由来なので、頭皮や髪を傷めることもありません。頭皮を目覚めさせる!をコンセプトに、「洗浄」「保湿」「栄養補給」「血行促進」の4つのポイントを掲げ、3年もの研究成果の結果、誕生した商品です。

ケトコナゾールという成分は、水虫などの真菌症に対する抗真菌薬の1種類で、ふけや頭皮の炎症に対する治療にも用いられています。AGAに対しては、内服により発症の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」を作る酵素である「2型5αリダクターゼ」の働きを邪魔する作用があると示した海外の論文報告があります。そのため、AGA治療の内服薬である「フィナステリド」と同様の作用があるとも考えられていますが、ケトコナゾールの内服薬は日本では今のところ認可されていません。また、ケトコナゾール配合シャンプーの育毛効果を男性で検証した海外の論文報告では、ケトコナゾール2%配合のシャンプーで髪の毛の成長が認められたと示されていますが、ケトコナゾール配合シャンプーも日本では製造販売されておらず、また、女性に対する効果は検証されていません。こうした事実を踏まえ、診療ガイドラインでは、AGAに対してケトコナゾールは「外用で用いてもよい」としています。

前の章で詳しく解説しましたが、「ミノキシジル」以外の成分を含んだ育毛剤は「治療薬」ではなく、「医薬部外品」または「化粧品」に分類されています。AGAの診療ガイドラインには、AGAの症状が軽症の場合において「用いても良い」と記載されている有効成分があり、それらの有効成分については育毛の効果を示す論文がいくつか報告されています。一方で、こうした育毛剤は、いずれも使用後「どの程度の期間」で効果が現れるかについての詳しい検証がなされておらず、今のところ効果が現れるまでの期間を示すことは出来ません。

育毛剤を使用するとともに、生活リズムを整えて髪の毛や頭皮の健康を保つことも重要です。髪の毛の細胞には、頭皮の毛細血管を通る血液を介して成長に必要な栄養や酸素が運ばれてきます。そのため、不規則な生活習慣によって血行不良になると、髪の毛は栄養不足・酸素不足になります。髪の毛の成長のためには、生活リズムを整えることにより血流を改善して必要な栄養と酸素が髪の細胞に十分に届けられるようにすることが大切です。

ドラッグストアなどのシャンプーを販売するコーナーには、さまざまな種類の育毛シャンプーが陳列されているのを見かけます。育毛シャンプーの広告には、シャンプーを使用することで育毛効果があると書かれているものもあります。毎日育毛シャンプーを使用することで薄毛が治るのであれば、そんなに簡単で喜ばしいことはありません。しかし、研究によって医学的に育毛効果が実証されている育毛シャンプーは、今のところないのです。したがって育毛シャンプーは、あくまでも髪の毛や頭皮の健康を保つための補助をする役割で使用する、くらいに考えた方が良いでしょう。

公式販売サイト http://www.cosdemwomanyshop.com/store/index.html 主要成分 カプサイシン :香辛料抽出物、オリーブ油、グリセリン、被包剤(ゼラチン) イソフラボン:大豆胚芽抽出物(イソフラボン)、コーンスターチ、ショ糖脂肪酸エステル、被包剤(プルラン)、着色料(二酸化チタン)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *