“脱毛症、脱毛症、脱毛症、脱毛症、脱毛症、脱毛症、脱毛症、脱毛症、”

ドラッグストアなどのシャンプーを販売するコーナーには、さまざまな種類の育毛シャンプーが陳列されているのを見かけます。育毛シャンプーの広告には、シャンプーを使用することで育毛効果があると書かれているものもあります。毎日育毛シャンプーを使用することで薄毛が治るのであれば、そんなに簡単で喜ばしいことはありません。しかし、研究によって医学的に育毛効果が実証されている育毛シャンプーは、今のところないのです。したがって育毛シャンプーは、あくまでも髪の毛や頭皮の健康を保つための補助をする役割で使用する、くらいに考えた方が良いでしょう。

この成分は、国内において育毛効果を評価する研究がいくつか行われましたが、今のところ単独での効果は実証されていません。一方で、1%塩化カルプロニウムを主成分として生薬などを加え、「カロヤンアボジカ」の商品名で第一三共ヘルスケア株式会社が販売している外用液を、AGAの人を対象に12週間続けて使用してもらったところ、20%の人で「有効」、60%の人で「やや有効以上」という結果が認められたとの報告があります。別の研究でも、塩化カルプロニウムと生薬などを混ぜたものを24週間使用したところ、男性も女性も症状が軽度改善したとの報告があります。

 タバコは体にとても大きなストレスをかけるために、薄毛や抜け毛の原因になってしまうことが考えられます。タバコを吸うことで、ニコチンやタール、一酸化炭素といった有害物質が体に入ってしまいます。それから細胞を守るために、体内に活性酸素が多く生じることで負担がかかります。またニコチンやタールは末梢の血管を収縮させてしまうことで血液循環を悪くします。これによって毛根に髪の成長に必要な栄養素が届かなくなってしまう危険性もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *