“黒髪の女性のための育毛製品、脱毛のための最良のもの、テルグの育毛油、女性のための育毛のヒント、育毛の精油若い生きている、”

BENEV社はアメリカFDA(日本の厚生労働省に相当)の認可を受けた医薬品、化粧品、バイオテクノロジーの研究開発、製造を行う会社で、主にスキンケアに力を注いでおり、最先端の科学を用いて美容スキンケアに効果を重視した製品を送り出しています。FDAによる認可は研究開発及び製造過程や使用する設備材料等、品質管理について非常に厳しい米国薬局方(USP)基準に適合を求められその全てをクリアした会社のみ与えられます。

 薄毛に関しては古くから様々な研究がされ、その治療法や対策が考えられてきたので、様々な知見があります。今ではAGA(FAGA)や薄毛専門のクリニックもあり、病院で治療することも一般的になってきました。前述したような生活習慣が影響して薄毛になっている可能性もありますが、なかなか素人では判断できず間違った判断をしてしまうかもしれません。早期に発見して対策することは重要なため、医師に相談するようにしてください。

ケトコナゾールという成分は、水虫などの真菌症に対する抗真菌薬の1種類で、ふけや頭皮の炎症に対する治療にも用いられています。AGAに対しては、内服により発症の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」を作る酵素である「2型5αリダクターゼ」の働きを邪魔する作用があると示した海外の論文報告があります。そのため、AGA治療の内服薬である「フィナステリド」と同様の作用があるとも考えられていますが、ケトコナゾールの内服薬は日本では今のところ認可されていません。また、ケトコナゾール配合シャンプーの育毛効果を男性で検証した海外の論文報告では、ケトコナゾール2%配合のシャンプーで髪の毛の成長が認められたと示されていますが、ケトコナゾール配合シャンプーも日本では製造販売されておらず、また、女性に対する効果は検証されていません。こうした事実を踏まえ、診療ガイドラインでは、AGAに対してケトコナゾールは「外用で用いてもよい」としています。

育毛剤を使用するとともに、生活リズムを整えて髪の毛や頭皮の健康を保つことも重要です。髪の毛の細胞には、頭皮の毛細血管を通る血液を介して成長に必要な栄養や酸素が運ばれてきます。そのため、不規則な生活習慣によって血行不良になると、髪の毛は栄養不足・酸素不足になります。髪の毛の成長のためには、生活リズムを整えることにより血流を改善して必要な栄養と酸素が髪の細胞に十分に届けられるようにすることが大切です。

後に述べる女性AGA対策にも使われる「ミノキシジル」は市販製品の中にも含有されています。「ロゲイン」や「リアップ」という育毛剤は女性用で、医薬品相当の濃度を含有します。しかし、「ミノキシジル」は妊婦には禁止されていたりと副作用も強い成分です。自己判断での使用のリスクを把握してください。どの成分の育毛剤であっても、選ぶ際は長期使用を踏まえ、余計な成分が少なく、有効成分の含有量が多い、刺激の穏やかなものを選ぶ事が肝要です。

育毛研究を長年行ってきた株式会社資生堂は、「アデノシン」という成分に育毛効果があることを突き止めました。研究の成果により、アデノシンには、髪の毛を成長させる指令を出す「毛乳頭(もうにゅうとう)細胞」に直接作用して、発毛を促す「FGF-7」という物質の産生を促す作用や、頭皮の血管を拡張することで、髪の毛に必要な栄養素などを行き渡りやすくする作用があると分かったのです。厚生労働省はこれらの報告を受け、2004年にアデノシンを、育毛効果が期待出来るとして医薬部外品における有効成分として認めました。

運動は全身の血流改善に効果的です。普段、運動をする習慣がない人は、「ストレッチ」などの簡単な運動も、血流改善に効果的であるとされています。ストレッチにより全身の筋肉を順番に30分以上かけて伸ばしていくことで、興奮を司る「交感神経」の活動を弱めて、反対にリラックス効果のある「副交感神経」の活動を高める効果があることが明らかになっています。副交感神経には、血管を拡げる働きもあるため、血流改善効果につながります。頭皮を直接マッサージすることも、固まっていた筋肉をほぐし血流改善につながるとされています。ストレッチやマッサージは、気分転換にもなりますし、疲れた時に行ってみると良いでしょう。

前の章で詳しく解説しましたが、「ミノキシジル」以外の成分を含んだ育毛剤は「治療薬」ではなく、「医薬部外品」または「化粧品」に分類されています。AGAの診療ガイドラインには、AGAの症状が軽症の場合において「用いても良い」と記載されている有効成分があり、それらの有効成分については育毛の効果を示す論文がいくつか報告されています。一方で、こうした育毛剤は、いずれも使用後「どの程度の期間」で効果が現れるかについての詳しい検証がなされておらず、今のところ効果が現れるまでの期間を示すことは出来ません。

どの治療も有効ではありますが、それぞれ単独では完璧ではありません。 軽度な症状に対してはまずAGA治療薬が優先されますが、適切なマッサージなども重要です。 進行した薄毛には自毛植毛が必要な場合もありますが、自毛植毛をしても薬によるAGA治療は欠かせません。 つまり薄毛の状態に応じて3種類の治療の組み合わせを一人ひとりに適した治療の選択が重要なのです。 治療の結果が出た後は、様子を見ながらAGA治療薬の量を減らしたり、治療の頻度を減らしたり、患者様ご自身の意思で決めて頂けますので、 金額的な負担を少なくしていく事が可能です。AGA治療には、永続した薬の服用が必要になりますが、AGA薄毛治療の総合クリニックだからこそ、 様々な選択肢がありご自身で選択できるのです。

頭髪の脱毛症において、まずその脱毛症がAGA(男性型脱毛症)か否かをAGAチェック検査によって行います。AGAであればその作用機序が判明しているため有効な薬剤、プロペシア(フェイナステライド)を使用する事ができます。この場合はプロペシアを主軸とした治療計画を立てていきます。AGA陰性、そして女性の方の場合はプロペシアはAGAでなければ使用できませんので、頭皮の血行を促進するミノキシジルと成長因子を頭皮へ直接打ち込む治療を主体として行っていきます。

 タバコは体にとても大きなストレスをかけるために、薄毛や抜け毛の原因になってしまうことが考えられます。タバコを吸うことで、ニコチンやタール、一酸化炭素といった有害物質が体に入ってしまいます。それから細胞を守るために、体内に活性酸素が多く生じることで負担がかかります。またニコチンやタールは末梢の血管を収縮させてしまうことで血液循環を悪くします。これによって毛根に髪の成長に必要な栄養素が届かなくなってしまう危険性もあります。  薄毛のみならずタバコは様々な悪影響があるために、とくに生え際の後退が気になる方は控えた方がいいかもしれません。

Oura H, Iino M, Nakazawa Y, et al : Adenosine increases anangen hair growth and thick hairs in Japanese women with female pattern hair loss : A pilot, double-bind, randomized, placebo controlled trial. J Dermatol, 35 : 763―767, EXシャンプー」には、そのスフィンゴミエリンをリポソーム(マイクロカプセル)にした「スフィンゴミエリンリポソーム」として配合しました。つまりナノ化の技術を用いて奥深くまでスフィンゴミエリンが浸潤できるようにしたわけです。

資生堂リサーチセンターを中心とした研究グループは、AGAの男性52人にアデノシン配合ローションを、50人にニコチン酸アミド配合ローションを1日2回ずつ継続して使用してもらい、育毛効果を比較して論文報告をしました。(ニコチン酸アミドは、以前から医薬部外品として育毛剤の有効成分とされてきたものです。)結果、アデノシンでは80%以上の人に軽度以上の改善が認められたのに対し、ニコチン酸アミドで改善が認められたのは32%でした。アデノシン配合ローションは、女性に対して使用した場合でも、育毛に効果的であると示されています。現在、アデノシン配合の育毛剤には、資生堂から「アデノバイタル スカルプエッセンス」「アデノゲンEX」などの商品名で販売されています。

育毛剤のうち、医学的に確かな育毛効果が認められているのは「ミノキシジル」という成分を含むもののみです。ミノキシジルは、AGAの診療ガイドラインで「AGAの治療薬」として使用が推奨されている医薬品で、日本で製造販売されているのは今のところ大正製薬の「リアップ」シリーズのみです。治療薬と言っても、薬局などで市販されている一般用医薬品なので、薄毛に悩んでいる人は、一度購入して試してみてはいかがでしょうか。リアップは、一般用医薬品の中でも「第1類医薬品」に属しており、購入の際には必ず薬剤師から薬の説明があるので、その際に不安や疑問を直接聞くことが出来ます。リアップの効果は使用を開始してすぐに現れるものではありません。少なくとも半年ほどは、毎日継続して使用してみましょう。

リアップリジェンヌの添付文書には、「効果が分かるようになるまで少なくとも6カ月間、毎日使用してください」と記載されています。リアップリジェンヌは、先発品である「リアップレディ」に頭皮環境を整える有効成分を追加したもので、AGA症状に対する育毛効果はリアップレディと同等とされています。リアップレディの効果を評価する研究は国内で100人以上を対象に行われており、使用開始から6カ月後に毛髪数の増加が認められたと報告されています。こうした理由から、リアップリジェンヌを使う場合はまず、6カ月間続けて使用してみましょう。6カ月間育毛剤を使用しても効果が現れなかった場合には、AGAではなく他の病気が原因の場合もあるので、一度医療機関を受診するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *