“毛髪の成長を助けるためのビタミン、インドの育毛製品、育毛緑茶、眉毛用の育毛油、”

当院の発毛薬Rebirth Ladyのタブレットとリキッドに配合されているミノキシジル(学名Minoxidil )は毛組織血管を拡張させて血流改善を行ないます。 これによってブドウ糖などの毛髪の栄養素となる物質成分は毛根部まで深く浸透しやすくなります。その結果、毛組織の栄養状態を改善して発毛を促し、体の中で理想的な発毛サイクルが構成されていきます。また、ミノキシジルは、世界で初めてFDAに認可された医学的根拠に基づいた発毛薬品です。

頭髪の脱毛症において、まずその脱毛症がAGA(男性型脱毛症)か否かをAGAチェック検査によって行います。AGAであればその作用機序が判明しているため有効な薬剤、プロペシア(フェイナステライド)を使用する事ができます。この場合はプロペシアを主軸とした治療計画を立てていきます。AGA陰性、そして女性の方の場合はプロペシアはAGAでなければ使用できませんので、頭皮の血行を促進するミノキシジルと成長因子を頭皮へ直接打ち込む治療を主体として行っていきます。

最近では、美容皮膚科や整形外科の特化型のようなものですが、AGA専門で治療を行っている病院も増えてきました。有名なところだと、AGAスキンクリニックはCMなどで目にする機会も多いのではないでしょうか。AGA治療専門クリニックであれば、投薬治療を例にしても詳細なAGA検査をもとに、プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬に加えて、患者に合った複数の治療薬や育毛剤、栄養剤も併用して処方してくれます。

この成分は、国内において育毛効果を評価する研究がいくつか行われましたが、今のところ単独での効果は実証されていません。一方で、1%塩化カルプロニウムを主成分として生薬などを加え、「カロヤンアボジカ」の商品名で第一三共ヘルスケア株式会社が販売している外用液を、AGAの人を対象に12週間続けて使用してもらったところ、20%の人で「有効」、60%の人で「やや有効以上」という結果が認められたとの報告があります。別の研究でも、塩化カルプロニウムと生薬などを混ぜたものを24週間使用したところ、男性も女性も症状が軽度改善したとの報告があります。

ドラッグストアなどのシャンプーを販売するコーナーには、さまざまな種類の育毛シャンプーが陳列されているのを見かけます。育毛シャンプーの広告には、シャンプーを使用することで育毛効果があると書かれているものもあります。毎日育毛シャンプーを使用することで薄毛が治るのであれば、そんなに簡単で喜ばしいことはありません。しかし、研究によって医学的に育毛効果が実証されている育毛シャンプーは、今のところないのです。したがって育毛シャンプーは、あくまでも髪の毛や頭皮の健康を保つための補助をする役割で使用する、くらいに考えた方が良いでしょう。

不飽和脂肪酸とは、身体にとってなくてはならない必須脂肪酸です。これは不足してくると、頭皮の成長が止まったり、皮膚障害を起こすおそれがあり、頭皮環境においては、薄毛、抜け毛の原因となると言われています。不飽和脂肪酸は善玉の脂肪で、皮膚組織に栄養を与える重要な役割を持ちます。ウーマシャンプーの主成分「馬油」には、この不飽和脂肪酸が多く含まれているため、不飽和脂肪酸不足を馬油が解消します。なぜ、不飽和脂肪酸が浸透しやすいのかというと、馬油は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のバランスが人間と非常に近いため、人間の皮膚へ浸透しやすいのです。

頭髪に限らず人間の体の毛には毛周期が存在します。皮膚内にある毛が発生する場所には毛母細胞という幹細胞があります。当初、毛母細胞は『休止期』と呼ばれる休眠状態にあります。休止期から目覚めた毛母細胞は次第に毛へと分化し、徐々に毛が成長していきます。これが『成長期』です。成長を続けると次第に毛母細胞の分裂が治まってきます。そして、毛が毛母細胞から離れます。これが『退行期』です。その後、毛母細胞から離れた毛は自然に抜け落ち、『休止期に』に入ります。毛を抜いても再度生えてくるのはこのためです。この毛周期は体毛の種類によって異なり、頭髪の場合は2~7年と言われています。

日本では1200万人、およそ成人男性の3人に1人が対象といわれています。AGAの特長として、前頭部や後頭部の髪がどちらか一方、または双方から症状がはじまります。 一般的にAGAは30〜50代の中年男性に多く見られますが、最近では若年化が進み20代でのAGAも増えてきております。男性の薄毛の80〜90%以上はAGAです。 ご提案することができる、国内唯一の髪の総合クリニックです。

育毛研究を長年行ってきた株式会社資生堂は、「アデノシン」という成分に育毛効果があることを突き止めました。研究の成果により、アデノシンには、髪の毛を成長させる指令を出す「毛乳頭(もうにゅうとう)細胞」に直接作用して、発毛を促す「FGF-7」という物質の産生を促す作用や、頭皮の血管を拡張することで、髪の毛に必要な栄養素などを行き渡りやすくする作用があると分かったのです。厚生労働省はこれらの報告を受け、2004年にアデノシンを、育毛効果が期待出来るとして医薬部外品における有効成分として認めました。

アンジュリンは、王子製紙グループが10年の歳月をかけて開発したユーカリ配合の女性用育毛剤です。育毛効果で名高いユーカリを、ユーカリ研究のパイオニア的存在である王子製紙グループが採用し配合。さらに、『パンテノール』や『酢酸トコフェロール』『センブリ抽出リキッド』などを配合し、女性特有の薄毛に効果を発揮します。商品に満足できない場合は60日間の全額返金保証がありますので、どなたでも安心してお試しいただけます。

ひとくちに薄毛・抜け毛と言っても、その症状や原因は様々です。また患者様の体質や生活習慣も異なります。当院では、徹底した検査と診断、時間をたっぷりとるカウンセリングから導き出したお一人おひとりに最適な治療メニューとオリジナルの処方をご提案いたします。処方は、患者様の状態に応じてきめ細かいレベル設定をご用意しており、副作用がなく効果的な治療をオーダーメイドできます。さらに、生活習慣の改善や日々のセルフヘアケアを見直していただくためのアドバイスも重要だと考えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *