“癌患者のための育毛シャンプー、髭の育毛シャンプー、市場での最高の育毛製品、育毛気功、育毛女王、髪の成長のためのシャンプーyoutube、”

 タバコは体にとても大きなストレスをかけるために、薄毛や抜け毛の原因になってしまうことが考えられます。タバコを吸うことで、ニコチンやタール、一酸化炭素といった有害物質が体に入ってしまいます。それから細胞を守るために、体内に活性酸素が多く生じることで負担がかかります。またニコチンやタールは末梢の血管を収縮させてしまうことで血液循環を悪くします。これによって毛根に髪の成長に必要な栄養素が届かなくなってしまう危険性もあります。  薄毛のみならずタバコは様々な悪影響があるために、とくに生え際の後退が気になる方は控えた方がいいかもしれません。

どの治療も有効ではありますが、それぞれ単独では完璧ではありません。 軽度な症状に対してはまずAGA治療薬が優先されますが、適切なマッサージなども重要です。 進行した薄毛には自毛植毛が必要な場合もありますが、自毛植毛をしても薬によるAGA治療は欠かせません。 治療の結果が出た後は、様子を見ながらAGA治療薬の量を減らしたり、治療の頻度を減らしたり、患者様ご自身の意思で決めて頂けますので、 金額的な負担を少なくしていく事が可能です。AGA治療には、永続した薬の服用が必要になりますが、AGA薄毛治療の総合クリニックだからこそ、 様々な選択肢がありご自身で選択できるのです。

当院では髪の成長に必要な様々な医薬品をブレンドしたオリジナル発毛薬(内服薬・外服薬)を処方しております。 体の内側・外側から髪の健康を整えることによって、女性特有の薄毛に特化した治療薬を開発致しました。タブレット(内服薬)で体の内側から発毛しやすい環境に体を整え、さらにリキッド(外用薬)で直接毛根に発毛促進を働きかけることが可能です。この体の内側・外側から同時に薄毛改善を行える画期的な女性用オリジナル発毛薬がRebirth Lady(リバースレディ)なのです。

頭髪に限らず人間の体の毛には毛周期が存在します。皮膚内にある毛が発生する場所には毛母細胞という幹細胞があります。当初、毛母細胞は『休止期』と呼ばれる休眠状態にあります。休止期から目覚めた毛母細胞は次第に毛へと分化し、徐々に毛が成長していきます。これが『成長期』です。成長を続けると次第に毛母細胞の分裂が治まってきます。そして、毛が毛母細胞から離れます。これが『退行期』です。その後、毛母細胞から離れた毛は自然に抜け落ち、『休止期に』に入ります。毛を抜いても再度生えてくるのはこのためです。この毛周期は体毛の種類によって異なり、頭髪の場合は2~7年と言われています。

公式販売サイト http://www.cosdemwomanyshop.com/store/index.html 主要成分 カプサイシン :香辛料抽出物、オリーブ油、グリセリン、被包剤(ゼラチン) イソフラボン:大豆胚芽抽出物(イソフラボン)、コーンスターチ、ショ糖脂肪酸エステル、被包剤(プルラン)、着色料(二酸化チタン)  脱毛の種類や性別を選ばないことが強みとされています。血行を良くすることで毛髪に必要な栄養分や酵素を、毛根に行き渡らせることが期待できる唐辛子成分の「カプサイシン」。女性ホルモンの減少時に効果のある大豆由来の「イソフラボン」。の2種類のサプリメントをセットで摂取することで発毛に良い影響があると考えられます。

ケトコナゾールという成分は、水虫などの真菌症に対する抗真菌薬の1種類で、ふけや頭皮の炎症に対する治療にも用いられています。AGAに対しては、内服により発症の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」を作る酵素である「2型5αリダクターゼ」の働きを邪魔する作用があると示した海外の論文報告があります。そのため、AGA治療の内服薬である「フィナステリド」と同様の作用があるとも考えられていますが、ケトコナゾールの内服薬は日本では今のところ認可されていません。また、ケトコナゾール配合シャンプーの育毛効果を男性で検証した海外の論文報告では、ケトコナゾール2%配合のシャンプーで髪の毛の成長が認められたと示されていますが、ケトコナゾール配合シャンプーも日本では製造販売されておらず、また、女性に対する効果は検証されていません。こうした事実を踏まえ、診療ガイドラインでは、AGAに対してケトコナゾールは「外用で用いてもよい」としています。

前の章で詳しく解説しましたが、「ミノキシジル」以外の成分を含んだ育毛剤は「治療薬」ではなく、「医薬部外品」または「化粧品」に分類されています。AGAの診療ガイドラインには、AGAの症状が軽症の場合において「用いても良い」と記載されている有効成分があり、それらの有効成分については育毛の効果を示す論文がいくつか報告されています。一方で、こうした育毛剤は、いずれも使用後「どの程度の期間」で効果が現れるかについての詳しい検証がなされておらず、今のところ効果が現れるまでの期間を示すことは出来ません。

リアップリジェンヌの添付文書には、「効果が分かるようになるまで少なくとも6カ月間、毎日使用してください」と記載されています。リアップリジェンヌは、先発品である「リアップレディ」に頭皮環境を整える有効成分を追加したもので、AGA症状に対する育毛効果はリアップレディと同等とされています。リアップレディの効果を評価する研究は国内で100人以上を対象に行われており、使用開始から6カ月後に毛髪数の増加が認められたと報告されています。こうした理由から、リアップリジェンヌを使う場合はまず、6カ月間続けて使用してみましょう。6カ月間育毛剤を使用しても効果が現れなかった場合には、AGAではなく他の病気が原因の場合もあるので、一度医療機関を受診するようにしましょう。

アフターケアの必要なその他の手段に比べて、自毛植毛は手間、コスト、安全性において魅力的ですが、リスクがないわけではありません。「ショックロス」という移植の負担による一時的な脱毛が起こる事があります。一時的に術前より髪が減るかもしれないというリスクを承知した上で行います。また、残っている毛組織が一定量以上必要です。費用は大きさによっては百万円以上になりますが、各条件さえクリアすれば、最も希望に近い最終手段となり得ます。

ミノキシジルには血管を広げる作用があるため、もともとは「高血圧を治療するための内服薬」として開発されましたが、服用している人の中に「髪の毛が増える」という副作用が現れたのをきっかけとして、「発毛剤・育毛剤」としての開発が始まりました。その後、ミノキシジルには「髪の毛の成長因子の産生を促進する作用」「髪の毛の周辺組織の血流を改善する作用」「 髪の毛の基となる細胞の減少を抑制する」などがあると判明し、今ではAGAの症状を改善する外用薬の成分として使用されています。

女性ホルモンのバランス異常で皮脂の分泌が多くなり、皮脂の詰まった毛穴が炎症を起こし、髪の毛が抜ける症状を言います。見た目でも頭皮がべたベたしていたりもして悪化すると痒みなどの症状もでます。原因は、皮脂を好み異常繁殖するマセラチア菌だと言われていています。皮脂の分泌は男性ホルモンによって盛んに行われると言われ女性でも、ホルモンバランスが崩れ男性ホルモンが増えると皮脂が異常に出やすくなる場合があります。

ひとくちに薄毛・抜け毛と言っても、その症状や原因は様々です。また患者様の体質や生活習慣も異なります。当院では、徹底した検査と診断、時間をたっぷりとるカウンセリングから導き出したお一人おひとりに最適な治療メニューとオリジナルの処方をご提案いたします。処方は、患者様の状態に応じてきめ細かいレベル設定をご用意しており、副作用がなく効果的な治療をオーダーメイドできます。さらに、生活習慣の改善や日々のセルフヘアケアを見直していただくためのアドバイスも重要だと考えています。

プロテインとは、タンパク質のこと。髪の主成分はケラチンというプロテイン(タンパク質)で形成されていてこのプロテインは体内に貯めておくことができません。毎日のシャンプーなどで、傷んだキューティクルからは、髪の主成分であるプロテインが日々流れ出してしまうのです。これがハリ・ツヤ・コシを失わせるダメージケアの原因、そして頭皮の活性も弱める原因となっているのです。そこで、プロピアは髪の主成分プロテインをシャンプーに配合することにより、髪に近い成分で洗い、栄養成分を補給すれば、髪と頭皮に優しく、修復機能や高保湿、活性化や弾力強化などの効果が、よりダイレクトに届くのではないか、という発想から、プロテインシャンプーを開発するに至ったのです。

One Reply to ““癌患者のための育毛シャンプー、髭の育毛シャンプー、市場での最高の育毛製品、育毛気功、育毛女王、髪の成長のためのシャンプーyoutube、””

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *