“育毛製品、フィリピンの育毛シャンプー、一晩の育毛、アフリカの髪のための育毛剤、脱毛用の毛髪製品、”

私はもともと髪の毛が薄く悩んでいました。色々なシャンプーを試してはも効果を実感できなく合わなかったのかなぁと虚しい気持ちになるばかりでした。どうやって髪の量を増やすか悪戦苦闘していましたが私の友人が行っている美容クリニックに発毛専門の先生がいるらしいと聞きき、さっそく紹介してもらうことに決めました。そこでリバースという薬を詳しく教えてもらい、この薬なら効果が表れそうだと思い購入してみることにしました。使いはじめに比べると髪の毛の量が増え地肌も見えにくくなりました。先日久しぶりに美容院に行ったのですが、自分のしたい髪型にできたので嬉しさで胸がいっぱいです!

育毛剤のうち、医学的に確かな育毛効果が認められているのは「ミノキシジル」という成分を含むもののみです。ミノキシジルは、AGAの診療ガイドラインで「AGAの治療薬」として使用が推奨されている医薬品で、日本で製造販売されているのは今のところ大正製薬の「リアップ」シリーズのみです。治療薬と言っても、薬局などで市販されている一般用医薬品なので、薄毛に悩んでいる人は、一度購入して試してみてはいかがでしょうか。リアップは、一般用医薬品の中でも「第1類医薬品」に属しており、購入の際には必ず薬剤師から薬の説明があるので、その際に不安や疑問を直接聞くことが出来ます。リアップの効果は使用を開始してすぐに現れるものではありません。少なくとも半年ほどは、毎日継続して使用してみましょう。

ミノキシジルは降圧剤として開発されており、血管の拡張による毛根への栄養供給が育毛の作用とされてきましたが、他の抑圧剤ではミノキシジルのように育毛効果は得られません。ミノキシジルの育毛効果は血管拡張以外にあります。ミノキシジル溶媒を脱毛症を発症したベニガオサルに塗ると、毛髪サイクルの休止期を終了させ成長期に以降させる効果が認められております。また、ミノキシジルは成長期を延長する効果も得られるという実験結果が得られております。臨床データでは、塗布タイプのミノキシジルは主に頭頂部に効果があると報告されていますが、ミノキシジル内服薬は特に、こめかみや前頂分(毛の生え際)にも効果があります。

当院の発毛薬Rebirth Ladyのタブレットとリキッドに配合されているミノキシジル(学名Minoxidil )は毛組織血管を拡張させて血流改善を行ないます。 これによってブドウ糖などの毛髪の栄養素となる物質成分は毛根部まで深く浸透しやすくなります。その結果、毛組織の栄養状態を改善して発毛を促し、体の中で理想的な発毛サイクルが構成されていきます。また、ミノキシジルは、世界で初めてFDAに認可された医学的根拠に基づいた発毛薬品です。

一般用医薬品と医薬部外品の、どちらにも指定されていない育毛剤も国内で販売されています。こうした育毛剤は、薬事法によると「化粧品」に該当します。化粧品とは、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は、皮膚もしくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされているもの」で、体への作用が緩やかなものを言います。つまり、医薬品にも医薬部外品にも指定されていない育毛剤は、髪の毛の健康を目的としている化粧品なのです。育毛効果を期待するというよりは、あくまで「美容目的」で使用すると考えるのが無難でしょう。

このように、育毛効果が医学的に明確とされている「ミノキシジル」であっても、効果を実感するまでには数カ月かかります。もちろん体質などにより個人差があるため、実感がもっと早く得られる人もいれば、遅く得られる人もいます。人によっては、効果が得られない場合もあります。ミノキシジルが効かない場合には、他の治療法という選択肢もあるので、諦めずに病院へ行き、医師に相談しつつ自分に合った治療法を見つけていきましょう。

原材料名:ビール酵母、ミレットエキス粉末、デキストリン、亜鉛含有酵母、ツバキ種子抽出物、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、ケラチン加水分解物、植物醗酵エキス、酵母(ビオチン含有)、クロム含有酵母、セレン含有酵母、粉末油脂、銅含有酵母、黒梅エキス末、ヒアルロン酸ナトリウム、ヒハツ抽出物、プルラン、シスチン、タウリン、メチオニン、V.C、V.B12、貝カルシウム、V.B6、フラボノイド色素、葉酸  非常に多くの成分が含まれていますが、無添加で安心です。

頭髪に限らず人間の体の毛には毛周期が存在します。皮膚内にある毛が発生する場所には毛母細胞という幹細胞があります。当初、毛母細胞は『休止期』と呼ばれる休眠状態にあります。休止期から目覚めた毛母細胞は次第に毛へと分化し、徐々に毛が成長していきます。これが『成長期』です。成長を続けると次第に毛母細胞の分裂が治まってきます。そして、毛が毛母細胞から離れます。これが『退行期』です。その後、毛母細胞から離れた毛は自然に抜け落ち、『休止期に』に入ります。毛を抜いても再度生えてくるのはこのためです。この毛周期は体毛の種類によって異なり、頭髪の場合は2~7年と言われています。

私たち人間の体をつくる成分のうち、カルシウム、リン、ナトリウム、鉄、亜鉛、銅などの元素は、総称してミネラルと呼ばれています。皮膚や体の細胞を形成・維持するのに必要な必須ミネラルの欠乏、逆に有害ミネラルの蓄積が、様々なトラブル(不眠、冷え性、抜け毛、肌荒れ、倦怠感など)を引き起こす原因となります。当院でもお受けになれる「毛髪ミネラル検査」は、わずか0.2gの毛髪から体内の必須ミネラルの状態や有害ミネラルの蓄積度を知ることができるため、抜け毛や脱毛の原因を知るための最新検査ツールとしても注目されています。検査結果から、偏った食生活等で不足した栄養素や、毛髪内の有害金属の含有量や蓄積などを確認することができるため、有害なミネラルを解毒したり、各種サプリメントや点滴で栄養素の補給を行うことができます。抜け毛や脱毛を防ぎ、健やかな髪をつくるためにも大切な診断です。

ケトコナゾールという成分は、水虫などの真菌症に対する抗真菌薬の1種類で、ふけや頭皮の炎症に対する治療にも用いられています。AGAに対しては、内服により発症の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」を作る酵素である「2型5αリダクターゼ」の働きを邪魔する作用があると示した海外の論文報告があります。そのため、AGA治療の内服薬である「フィナステリド」と同様の作用があるとも考えられていますが、ケトコナゾールの内服薬は日本では今のところ認可されていません。また、ケトコナゾール配合シャンプーの育毛効果を男性で検証した海外の論文報告では、ケトコナゾール2%配合のシャンプーで髪の毛の成長が認められたと示されていますが、ケトコナゾール配合シャンプーも日本では製造販売されておらず、また、女性に対する効果は検証されていません。こうした事実を踏まえ、診療ガイドラインでは、AGAに対してケトコナゾールは「外用で用いてもよい」としています。

薄毛・抜け毛の対策、皆さんどのように行っていますか?普段の食生活や睡眠時間を見直したり、適度な運動をして体質改善に努めたり、育毛剤を使ったりと様々な対策を行っていることでしょう。そしてシャンプーも有効的な薄毛対策準備の手段です。でも、一体どんな物がいいのかどんな物が自分に合っているのかわかりませんよね。今回はそんな方のために男女別に薄毛対策準備におすすめなシャンプー3種を一挙にご紹介しちゃいます。

後に述べる女性AGA対策にも使われる「ミノキシジル」は市販製品の中にも含有されています。「ロゲイン」や「リアップ」という育毛剤は女性用で、医薬品相当の濃度を含有します。しかし、「ミノキシジル」は妊婦には禁止されていたりと副作用も強い成分です。自己判断での使用のリスクを把握してください。どの成分の育毛剤であっても、選ぶ際は長期使用を踏まえ、余計な成分が少なく、有効成分の含有量が多い、刺激の穏やかなものを選ぶ事が肝要です。

プロテインとは、タンパク質のこと。髪の主成分はケラチンというプロテイン(タンパク質)で形成されていてこのプロテインは体内に貯めておくことができません。毎日のシャンプーなどで、傷んだキューティクルからは、髪の主成分であるプロテインが日々流れ出してしまうのです。これがハリ・ツヤ・コシを失わせるダメージケアの原因、そして頭皮の活性も弱める原因となっているのです。そこで、プロピアは髪の主成分プロテインをシャンプーに配合することにより、髪に近い成分で洗い、栄養成分を補給すれば、髪と頭皮に優しく、修復機能や高保湿、活性化や弾力強化などの効果が、よりダイレクトに届くのではないか、という発想から、プロテインシャンプーを開発するに至ったのです。

 皮脂が毛穴を塞ぐことで雑菌が繁殖して頭皮が炎症を起こし、それが抜け毛を引き起こしてしまう症状です。こちらも医師の判断が必要ですが、刺激の少ないシャンプー等で固着した皮脂を取り除くことが必要です。  自分の薄毛の原因は何かを特定することは、対策をする上ではとても重要です。髪が細くなった気がする、地肌が目立つようになったなど薄毛が気になり始めたら、一度クリニックなどで専門医に診察してもらうことをオススメします。

 タバコは体にとても大きなストレスをかけるために、薄毛や抜け毛の原因になってしまうことが考えられます。タバコを吸うことで、ニコチンやタール、一酸化炭素といった有害物質が体に入ってしまいます。それから細胞を守るために、体内に活性酸素が多く生じることで負担がかかります。またニコチンやタールは末梢の血管を収縮させてしまうことで血液循環を悪くします。これによって毛根に髪の成長に必要な栄養素が届かなくなってしまう危険性もあります。  薄毛のみならずタバコは様々な悪影響があるために、とくに生え際の後退が気になる方は控えた方がいいかもしれません。

公式販売サイト http://www.cosdemwomanyshop.com/store/index.html 主要成分 :香辛料抽出物、オリーブ油、グリセリン、被包剤(ゼラチン) イソフラボン:大豆胚芽抽出物(イソフラボン)、コーンスターチ、ショ糖脂肪酸エステル、被包剤(プルラン)、着色料(二酸化チタン)  脱毛の種類や性別を選ばないことが強みとされています。血行を良くすることで毛髪に必要な栄養分や酵素を、毛根に行き渡らせることが期待できる唐辛子成分の「カプサイシン」。女性ホルモンの減少時に効果のある大豆由来の「イソフラボン」。の2種類のサプリメントをセットで摂取することで発毛に良い影響があると考えられます。

アンジュリンは、王子製紙グループが10年の歳月をかけて開発したユーカリ配合の女性用育毛剤です。育毛効果で名高いユーカリを、ユーカリ研究のパイオニア的存在である王子製紙グループが採用し配合。さらに、『パンテノール』や『酢酸トコフェロール』『センブリ抽出リキッド』などを配合し、女性特有の薄毛に効果を発揮します。商品に満足できない場合は60日間の全額返金保証がありますので、どなたでも安心してお試しいただけます。

育毛研究を長年行ってきた株式会社資生堂は、「アデノシン」という成分に育毛効果があることを突き止めました。研究の成果により、アデノシンには、髪の毛を成長させる指令を出す「毛乳頭(もうにゅうとう)細胞」に直接作用して、発毛を促す「FGF-7」という物質の産生を促す作用や、頭皮の血管を拡張することで、髪の毛に必要な栄養素などを行き渡りやすくする作用があると分かったのです。厚生労働省はこれらの報告を受け、2004年にアデノシンを、育毛効果が期待出来るとして医薬部外品における有効成分として認めました。

BENEV社はアメリカFDA(日本の厚生労働省に相当)の認可を受けた医薬品、化粧品、バイオテクノロジーの研究開発、製造を行う会社で、主にスキンケアに力を注いでおり、最先端の科学を用いて美容スキンケアに効果を重視した製品を送り出しています。FDAによる認可は研究開発及び製造過程や使用する設備材料等、品質管理について非常に厳しい米国薬局方(USP)基準に適合を求められその全てをクリアした会社のみ与えられます。

前の章で詳しく解説しましたが、「ミノキシジル」以外の成分を含んだ育毛剤は「治療薬」ではなく、「医薬部外品」または「化粧品」に分類されています。AGAの診療ガイドラインには、AGAの症状が軽症の場合において「用いても良い」と記載されている有効成分があり、それらの有効成分については育毛の効果を示す論文がいくつか報告されています。一方で、こうした育毛剤は、いずれも使用後「どの程度の期間」で効果が現れるかについての詳しい検証がなされておらず、今のところ効果が現れるまでの期間を示すことは出来ません。

One Reply to ““育毛製品、フィリピンの育毛シャンプー、一晩の育毛、アフリカの髪のための育毛剤、脱毛用の毛髪製品、””

  1. ドラッグストアなどのシャンプーを販売するコーナーには、さまざまな種類の育毛シャンプーが陳列されているのを見かけます。育毛シャンプーの広告には、シャンプーを使用することで育毛効果があると書かれているものもあります。毎日育毛シャンプーを使用することで薄毛が治るのであれば、そんなに簡単で喜ばしいことはありません。しかし、研究によって医学的に育毛効果が実証されている育毛シャンプーは、今のところないのです。したがって育毛シャンプーは、あくまでも髪の毛や頭皮の健康を保つための補助をする役割で使用する、くらいに考えた方が良いでしょう。
    前の章で詳しく解説しましたが、「ミノキシジル」以外の成分を含んだ育毛剤は「治療薬」ではなく、「医薬部外品」または「化粧品」に分類されています。AGAの診療ガイドラインには、AGAの症状が軽症の場合において「用いても良い」と記載されている有効成分があり、それらの有効成分については育毛の効果を示す論文がいくつか報告されています。一方で、こうした育毛剤は、いずれも使用後「どの程度の期間」で効果が現れるかについての詳しい検証がなされておらず、今のところ効果が現れるまでの期間を示すことは出来ません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *